県央地域に舞台芸術を育む会




公演間近 特別インタビュー❗️


今回主役のキトリ役を演じられる 松本佳織 さん (東京シティ・バレエ団)

にお話を伺いました(^^)


Q.キトリにはどのような印象をお持ちですか?
松本さんが演じるキトリの魅力をお聞かせください。

 

とびきり明るく情熱的な女性、というだけではなく
自立し女性としての誇りを持っている印象です。
 
でも恋人には素直になれないところがあったり…
強さだけでなくチャーミングな一面もある。人間らしくて素敵な女性です。





Q.ここが見どころ!という場面は?

 
魅力的なキャラクターがたくさん出ているので、
ぜひ細かいお芝居にも注目してくださると何倍も面白くなると思います。
また2幕夢の場ではガラっとイメージが変わります。
そのコントラストもぜひ楽しんでください!




Q.舞台を楽しみにされてるお客様へ、ぜひ一言お願いします!


この作品は、何の予備知識や身構えもいらない、純粋に楽しめる物語。
ドンキホーテのあらすじを知らなくても、バレエのテクニックを知らなくても
幕が開けばすぐに明るい世界に引き込まれます。
ワクワクするような音楽、エネルギーのある踊り、どこを切り取っても楽しい作品です。
迫力のあるオーケストラでのドン・キホーテ、この舞台を私自身も心から楽しみにしています!




ドン・キホーテ  間も無く開演です❗️


皆様のお越しを心よりお待ちしております♪


2019_poster_o
 

 

2019_poster_o

 この度、「NPO法人県央地域に舞台芸術を育む会」主催によるバレエ「ドン・キホーテ」全3幕(オーケストラ付)の公演を下記概要の通り行うことになりました。

平成24年にバレエ公演がこの地域の冬の風物詩となるような文化を育みたいという趣旨で任意団体「県央地域に舞台芸術を育む会」を発足し、同年12月に第1回「くるみ割り人形」公演を開催いたしましてから本日に至ります。 

私どもの事業が地域の活性化、次世代の育成につながるよう今後も歩を進めていく所存でございます。

この趣旨にご賛同いただき今年も三条信用金庫様の特別協賛により地域の小中学生親子10組20名様を無料でご招待いたします。

今後ともNPO法人県央地域に舞台芸術を育む会を何卒よろしくお願い致します。



●ミンクス作曲「ドン・キホーテ」全3幕(オーケストラ付)公演概要



1.日時 令和1年12月1日(日)午後3時開場 午後3時30分開演
2.会場 加茂文化会館大ホール
3.主催 NPO法人県央地域に舞台芸術を育む会 
4.指揮 冨田 実里
5.演奏 育む会フィルハーモニーアンサンブル
6.演目 「ドン・キホーテ」全3幕
7.入場料 SS席(指定席) 前売り:7,000円 当日:7,500円
S席(指定席) 前売り:6,000円 当日:6,500円
A席(指定席) 前売り:5,000円 当日:5,500円
F席(指定席) 前売り:3,000円 当日:3,500円
8.後援 加茂市、加茂市教育委員会 三条市、三条市教育委員会、燕市、燕市教育委員会、田上町、田上町教育委員会、弥彦村、弥彦村教育委員会、新潟日報社、NST、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、三条新聞社、越後ジャーナル社
9.協賛 株式会社 コロナ、株式会社 髙儀
10.協力  (公財)内田エネルギー科学振興財団

以上

●親子ペアチケットプレゼント概要

特別協賛 三条信用金庫
招待数 親子ペア10組20名様 F席(指定席)
応募方法 往復はがきに
1.名前
2.学校名 学年 クラス
3.自宅の住所
4.連絡先(電話番号)

を記入の上、下記にご郵送ください。
先着順で受け付けますが該当者には、ご招待状を発送いたします。
当日はこの『ご招待状』をお持ちください。
締め切り  令和1年10月31日(木)
送付先 〒955-0063 三条市神明町2-1パルム2 1F
NPO法人県央地域に舞台芸術を育む会 事務局 
お問合せ先  NPO法人県央地域に舞台芸術を育む会 事務局 
TEL:090-9966-2403





今回のドン・キホーテ公演の「小中学生親子ペアチケット」プレゼントを三条新聞様に記事にして頂きました。





Monozukuri Is an Art
~「ものづくり」は芸術につながる~





 2012(平成24年)3月「バレエ公演がこの地域の冬の風物詩となるような…そんな文化を育みたい」という趣旨で任意団体「県央地域に舞台芸術を育む会」が発足しました。
同年12月に第1回公演として上演した『くるみ割り人形』は、オーケストラ付きの本格的な舞台として来場者の皆さんから大きな賞賛をいただきました。
その後、年1回の公演を継続し、2015(平成27年)には「芸術文化振興基金助成事業」の認定を受け、全国レベルでも注目される活動となりました。2016(平成28年)にはクオリティの高い舞台芸術や音楽会の開催に加え、県央地域の青少年が身近に音楽芸術を体験出来る公演ができるような活動の実施を目指してNPO法人化。その後も毎年の公演を続けております。
 2019(令和元年)は第8回公演となり、その準備が始まっています。



■公演を支えているのは「ものづくりの町」の企業
 当会の公演は、国内外で活躍するバレエダンサーを招き、地元でバレエを教えている先生方、そこで学ぶ子ども達が出演する舞台です。そこに、趣旨に賛同したプロアマの演奏者が加わり、オーケストラの生演奏による本格的なバレエ公演を行っています。
こういう公演の場合「バレエ」と「オーケストラ」二重の経費がかかることになります。
それでも、少しでもチケット代を安くし、多くの人達に観てもらいたいと「ものづくりの町」の企業が「協賛金」という形で協力して下さり、公演が成立しています。
公演プログラムの半分以上が協賛広告というのもこの地域ならではのものだと思います。
 毎年10月に開催される「燕三条 工場の祭典」でご存じの方も多いと思いますが、県央地域には数多くの小さなものづくりの工場が集まっています。「本物を知らねば、一流のものを知らねば、本当のよいものは見えてこない、よいものを作りだすことはできない」  つまり「本物を知らなければ、ものづくりはできない」ということ。この地域の人達には本物を愛する、美しいものを愛する「気質」のようなものがあるのです。ものづくりで大切なのは機能性とそこに加わるのがデザイン性です。総合芸術を育む活動に対して、たくさんの県央地域の企業が支援していただける理由だと思います。県央地域から「素晴らしい製品」「美しい製品」がつくり続けられるように“究極の美”といわれる踊りと音楽が一体となった「バレエ公演」を今後も継続できればと思います。


■この会を支えているのは「ものづくりの町」のおやじ達
県央地域に身体を使った究極の芸術であるバレエと音楽を根付かせ「文化を育みたい」という人達がここにいます。ものづくりに関わるおやじ達を中心に集まった有志達。最近のドラマ風に言えば…「下町バレエ」? 芸術をこよなく愛し、本物を知るメンバー達は、それぞれに仕事を持ちながら手弁当(完全ボランティア!)で会の活動を支えていす。



■こんな活動は日本中探してもめずらしい!
 オーケストラ付きバレエ公演は今年8年目を迎えます。昨年は、海外でも活躍されている新国立劇場バレエ指揮者でもある冨田実里さんに指揮をお願いしました。来場者からは「素晴らしい演奏とレベルの高いバレエを観ることができた」との声が多く寄せられました。
そんな冨田さんから当会の活動について「バレエ公演では、出演者にチケット販売のノルマがあるのが一般的ですが、この会の公演はそのようなノルマが一切ない。これは大変素晴らしいことです!」とのお言葉をいただきました。
地域の多くの「ものづくりの企業」がバックアップしてくれているからこそ、バレエダンサーも気持ち良く踊ることができ、県央の地に素晴らしいバレエの舞台を上演することができるのです。バレエ、そして音楽、とにかく本物の芸術に接して欲しいという「ものづくりの町」の心意気です。

>>プレスリリースの続きはPDF版よりご覧ください。




このページのトップヘ