昨日12/1ですが、とうとう照明合わせが終わりました。
世の中に数えきれないくらいの舞台があり、その舞台一つ一つが、お客様にご覧になっていただくその日の為に、同じ過程をたどり舞台を創りあげていきます。
このくるみもそんな舞台の一つです。毎日いろいろな地域で、次々と本番を迎える全ての舞台には、ぎっしりとその関係者の皆さんの思いが詰まっているんですね。
だからこそ生の舞台は臨場感があり、楽しい緊張感があり、良いものなのだと思います。
昨年のくるみが終わり、今またこうして皆さんにご覧いただくために次の舞台が制作でき、ここにこれだけの各お教室の先生方、生徒さん、スタッフの皆さんが集い、企業の皆様にもあたたかいご支援をいただき、ようやく照明合わせまで漕ぎ着けた事に、深い感謝と感動をしております。
制作の方では企業様から励まされ勇気をいただき、舞台の方では懐の深い先生方に恵まれ、その先生方のご助言、ご指導、企業様からの励ましがなければここまで歩む事が出来なかったと思います。
12/15にお越しくださいます皆様に素敵な夢と楽しい時間を共に過ごすことができますよう、残り2週間仕上げていきたいと思います。

是非、夢と感動を共有いたしましょう!(*^^*)(^o^)/