インタビュー第3弾は、新潟セントラルフィルハーモニー管弦楽団代表の石丸涼子 Ryoko Ishimaruさんです!

演奏者である石丸涼子さんの声を皆さまにお届けします!


Q.チャイコフスキー音楽の魅力とは何ですか?

チャイコフスキーの作品はバレエ作品以外にも交響曲や協奏曲、室内楽曲などどのジャンルでも素晴らしい作品が多いわけですが、それぞれのジャンルでそれが最大限に引き立つような音楽に作り上げてしまうところがすごいと思います。

例えば交響曲であればオーケストラという形態での響きが最大限になるように作られ、またヴァイオリン協奏曲ではヴァイオリンの持つ華やかさや技巧がこれでもかと生かされています。バレエにおいてもそうですね。


Q.白鳥の湖の音楽について、1番のお気に入りはどの音楽ですか?


正直なところ、どの曲も素晴らしいため1番を決められません!



Q.白鳥の湖において、オーケストラの見どころ(聴きどころ)はどこですか?

「白鳥の湖」にはヴァイオリンがソロでいくつかの曲を演奏しますが、なんと言ってもそれが素晴らしいです!本当に涙がでるような旋律のオンパレードだと思います。


Q.お客様へ一言お願いします

CD公演も今では多くありますが、やはり生のサウンドで舞台上の踊りやセットなど全部が一緒になった時の現実とは違う別世界が現れる感覚というのは格別だと思います。
ぜひその感覚を体感していただけたらと思います!