先日、当会主催の第6回バレエ公演「眠れる森の美女 プロローグ付き全3幕」が
無事終演いたしました。


天候に恵まれずお足元が悪い中、ご来場いただきました皆様
誠にありがとうございました!



無事に公演を開催することが出来ましたのは、皆様のあたたかいご支援のおかげであります。

昨年の「白鳥の湖」全幕公演に引き続き、今年も新しい演目「眠れる森の美女」に挑むことを決意出来ましたのは

“この県央地域に舞台芸術の文化を根付かせたい”
“舞台芸術という文化の魅力を伝えたい”

という我々の想いと
「また観に行きます」「感動しました」…と嬉しいお声をかけてくださる
皆様の支えがあってこそのことでした。


また今年は当会がNPO法人となってから第1回目の公演でございました。

これからもさらなる県央地域の舞台芸術の発展のために尽力していきたいと思います。







スタッフの皆様、ゲストダンサーの皆様、出演者の皆様、指揮者、演奏者の皆様、

全ての関係者の皆様のご協力に心より深く感謝申し上げます。





本番終了後に小ホールにて解散式が行われました。
指揮者の磯部省吾先生、ゲストダンサーの古澤友菜さん、西野隼人さん、粕谷麻美さんより
嬉しいお言葉をいただきました(^^)


磯部先生
「本番前、演奏者メンバーの集中力と気持ちの入り方がとても良い状態でした。
私は、自分が舞台から1番近い席で観ているお客さんだといつも思っているが、本当に素晴らしい舞台でした。」



演奏者の皆さんも良い緊張感と気合充分の本番前だったんですね!
磯部先生、今年も素敵な指揮を本当にありがとうございました。
オーケストラメンバーの皆様、素晴らしい演奏をありがとうございました。




古澤さん オーロラ姫
「今回の舞台ではじめて全幕のオーロラ姫を演じさせていただきました。
機会をいただけたことに感謝いたします。今後も素晴らしい舞台づくりに頑張ってください!」


全幕のオーロラ姫を演じることが今回はじめてということに驚きでした!
踊りの抜群の安定さと、観る人を魅了する本当にお姫様のような優しく美しい雰囲気…
素敵なオーロラ姫をありがとうございました。



西野さん デジレ王子
「一昨年のくるみ割り人形公演後また出演することになり、皆さんと一緒に舞台をつくれたことが本当に幸せでした。また共に舞台に立てるようお互い頑張りましょう。」


憧れている子どもたちに、とっても嬉しいお言葉をいただきました!
観る人に驚きと感動を与えるパフォーマンス、今回も出演していただきありがとうございました。



粕谷さん リラの精
「今回はじめて出演させていただきました。他出演者の皆さんとリハーサルする時間が
少ない中不安もありましたが、とても良い舞台になったと思います。
今後の会の発展をお祈りいたします。」



登場した瞬間から目でつい追ってしまうような存在感のあるリラの精を演じていただきました!
出演、そして当会を激励いただきありがとうございました。